りっぽん様♡専用です!古酒芋焼酎一升瓶新品6本※重要❗️着払いです❗️
オンラインショップ ブセファランドラcf. sanggauモトレイアーナ子株1株 Motleyana 魚用品/水草
オンラインショップ ブセファランドラcf. sanggauモトレイアーナ子株1株 Motleyana 魚用品/水草

アクロトライアングルグロウ 120cm 水草 チャーム
ご覧頂きありがとうございます!是非、購入をご検討下さい!《同封割引きあり!-2品同封で150円引き!3品同封で300円引き!!-希望の方はお申し付け下さい!》Bucephalandra cf. Motleyana Sanggau 水上株、子株1株の出品です。今回出品したこのブセファランドラはSanggau産、モトレイアーナ系になっています。鮮やかな赤軸でBucephalandraの中では大型の部類に入ると思います。今回の出品株はかなり子株で小さいのです。もっと大きい葉を出すようになります。また親株の芋ごとカットしてある為、安心して育成が可能かと思います!発根もしっかりとしております!新芽も展開しており状態は良好です。画像の1〜8枚目が出品株で9〜10枚目は親株、兄弟株の画像です、参考にどうぞ。大きさは3〜4枚目の画像でご確認下さい。撮影時のライトはAMATERAS-10Wを使用しています。 抜き苗にて発送致します。発送方法はらくらくメルカリ便、宅急便コンパクトにしてあります。250円値引きでゆうゆうメルカリ便にも変更可能ですが親株の芋ごとカットしているとは言えかなり小さい株で保証なしですのでらくらくメルカリ便、宅急便コンパクトの方をおすすめします。植物ですので状態は日々変化致します、ご了承下さい。保証なし。丁寧に包装致しますが輸送中に多少ダメージを受けることがあります、個人栽培のため神経質な方等のご購入はご遠慮下さい。
カテゴリー:その他>>>ペット用品>>>魚用品/水草
商品の状態:未使用に近い
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:愛知県
発送までの日数:1~2日で発送

(令和元年度)の温室効果ガス排出量(確報値)について

青森県六ヶ所村 長芋焼酎六趣12本入り1ケース

   環境省と国立環境研究所は、今般、2019年度の我が国の温室効果ガス排出量(確報値(注1))をとりまとめました。の温室効果ガスの総排出量(注2)は12億1,200万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比2.9%減(2013年度比14.0%減、2005年度比12.3%減)でした。前年度からの減少要因としては、エネルギー消費量の減少(製造業における生産量減少等)や、電力の低炭素化(再生可能エネルギーの導入拡大)に伴う電力由来のCO2排出量の減少等が挙げられます。
 

 気候変動に関する国際連合枠組条約(以下「条約」という。)第4条及び第12条並びに関連する締約国会議の決定に基づき、我が国を含む附属書Ⅰ国(いわゆる先進国)は、温室効果ガスの排出・吸収量等の目録を作成し、条約事務局に提出することとされています。また、条約の国内措置を定めた地球温暖化対策の推進に関する法律第7条において、政府は、毎年、我が国における温室効果ガスの排出量及び吸収量を算定し、公表することとされています。
 これらの規定に基づき、2019年度(令和元年度)の温室効果ガス排出量等を算定しました。

 の我が国の温室効果ガスの総排出量は、12億1,200万トン(CO2換算。以下同じ。)でした。
古い両面引き出し文机 文机 古家具 古道具 無節良配色 FREITAG F41 HAWAII FIVE-O フライターグ排出量の減少等から、2.9%(3,600万トン)減少しました。
 の総排出量(14億800万トン)と比較すると、エネルギー消費量の減少(省エネ等)や、電力の低炭素化(再エネ拡大、原発再稼働)に伴う電力由来のCO2排出量の減少等から、14.0%(1億9,700万トン)減少しました。
 の総排出量(13億8,100万トン)と比べると、エネルギー消費量の減少(省エネ等)等から、12.3%(1億7,000万トン)減少しました。
 一方で、冷媒におけるオゾン層破壊物質からの代替に伴う、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量は年々増加しています。
 なお、2019年度の京都議定書に基づく吸収源活動による吸収量(注3)は、4,590万トン(森林吸収源対策により4,290万トン、農地管理・牧草地管理・都市緑化活動の推進により300万トン)でした。

注1 「確報値」とは、我が国の温室効果ガスの排出・吸収目録として条約事務局に正式に提出する値という意味です。今後、各種統計データの年報値の修正、算定方法の見直し等により、今回とりまとめた確報値が再計算される場合があります。
注2 今回とりまとめた排出量は、2019年度速報値(2020年12月8日公表)の算定以降に利用可能となった各種統計等の年報値に基づき排出量の再計算を行ったこと、算定方法について更に見直しを行ったことにより、2019年度速報値との間で差異が生じています。なお、前回速報値での2019年度の温室効果ガス排出量は12億1,300万トンであり、前年度比2.7%減(2013年度比14.0%減、2005年度比12.2%減)でした。
注3 今回とりまとめた吸収量は、京都議定書第8回締約国会合の決定に従い、京都議定書に基づく吸収源活動による排出・吸収量を算定し、計上したものです。


※添付資料「(令和元年度)の温室効果ガス排出量(確報値)について」につき、総合エネルギー統計において電源構成の発電量に誤りがあり修正版が掲載されたため(【外部サイトに接続します】)、15ページの参考データ①電源種別の発電電力量を差し替えました。(令和3年4月16日)

添付資料

環境省 地球環境局 総務課
脱炭素社会移行推進室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8244)
室 長  坂口 芳輝(内線6740)
係 長  林  徹 (内線6743)
担 当  山﨑 智也(内線6768)
担 当  宮田 和明(内線6758)
担 当  権田 優 (内線6741)
国立研究開発法人国立環境研究所
地球システム領域
地球環境研究センター
温室効果ガスインベントリオフィス
マネジャー
畠中 エルザ (029-850-2777)
 

関連情報

オンラインショップ ブセファランドラcf. sanggauモトレイアーナ子株1株 Motleyana 魚用品/水草

関連記事

オンラインショップ ブセファランドラcf. sanggauモトレイアーナ子株1株 Motleyana 魚用品/水草